Faintん♪の雑記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kingdom Hearts -HD 1.5 ReMIX-

ゲーム関係 Kingdom Hearts

f:id:Fainton:20151111230912j:plain

今回はKingdom Hearts -HD 1.5 ReMIX-です。 KH1作目、Re:Com、KH358/2 Daysの3作品をHDリマスターしなおしてPS3向けに発売されたゲームです。

公式サイトは以下より↓

www.square-enix.co.jp

KH1作目といえば自分が高校生の頃に発売されたゲームです。スクウェア(現スクエニ)とディズニーがコラボするゲームということで話題になったことを覚えています。主題歌に宇多田ヒカルさんが担当することでも話題になりましたね。

 

その懐かしい作品をPS3でプレイできることとあって購入しました。…が、購入時期の私はFF14にどハマりしておりほとんどプレイせずに放置しておりました。FF14の固定活動もなくなり、時間的な余裕ができたので最近になって再開し、トロフィーコンプまで達成しました。
一応収録作品3つ全てのトロフィーを達成したのでそれぞれ感想を。

 

1.Kingdom Hearts

f:id:Fainton:20151111230933j:plain

収録されているのはファイナルミックス版ですね。
裏ボスが幾つか追加されていたり、シークレットエンディングも追加されていました。
学生の頃はプラウドモードでも難なくクリアできていたのですが、久々にやると酷いもので... こんなところで老いを感じるとは思いもしませんでした(笑

 

取得トロフィーの中で苦戦したのは、難易度別にストーリーをクリアしないといけないやつですかね。この手のトロフィーって最高難易度でクリアすれば下位の難易度もクリア済み扱いになってトロフィーの条件も達成できたりするものですが、そこは流石スクエニ。プラウドモードでクリアしてもスタンダートとビギナーはクリア扱いにはならず周回するハメになりました... 他はそこまで苦労しなかったですね。ジミニーメモを埋めていけば殆どのトロフィーは達成できますし。

 

2.Kingdom Hearts Re:Chain of Memories

f:id:Fainton:20151111231028j:plain

1作目の直後のお話ですね。もともと携帯ゲーム機向けに作られた作品で、ゲームシステムもガラっと変わっています。
全ての行動をカードを消費することで実施できる。カードに数字が記載されており、敵と自分のカードを比較して数字が大きい場合は行動が許される。割とシンプルに見えてかなり奥が深いです。最初は慣れずにすぐにゲームオーバーになってました(笑

 

取得トロフィーで苦労したのは1作目同様に難易度別のクリアですね。 今回はなんとソラ編とリク編でストーリーが違っており、ソラ編x3(プラウド、スタンダード、ビギナー)、リク編x3ということで計6周プレイさせられました。慣れると1周10時間も掛からないくらいでしたが、それでも辛かったですね...
あとは、ソラ編のエネミーカードのコンプリート。 倒した敵が落とすカードを全種類集めるってやつなんですが、ドロップ確率が数%とかなり低めです... しかもドロップ条件は戦闘で最後に倒した敵のみという謎の仕様。 もう二度とやりません(笑

 

3.Kingdom Hearts 358/2 Days

f:id:Fainton:20151111231308j:plain

358/2 Daysは「スリー ファイブ エイト デイズ オーバー ツー」と読むらしいです。順序おかしなっとるやんけ!どういうこっちゃ!と思ったのは私だけじゃないはず(笑

 

KH1の終盤〜Re:Comのちょっと後の時期のお話です。本作の主人公はソラではなく13機関のメンバーです。KH本編の裏側で起こった出来事といった感じでしょうか。まぁ本編の主人公ソラにかなり関わることではあるのですが。本作も携帯ゲーム向けに作られた作品ですが、今回は映像作品として収録されています。こいつに関しては殆ど作り直したのでしょうかね。
内容はかなり良かったです。思わず泣いてしまいました(笑 アクセルがシオンを連れて帰ろうとするところは特にヤバいです。

 

映像作品ということで見てればトロフィーも全て達成できます。 2時間ちょっとでした。

 

とまぁこんな感じでKH -HD 1.5 ReMIX-は遊び尽くすことができました。 実はKH -HD 2.5 ReMIX-も購入済みですが、ほとんどプレイ出来ていません(笑 1.5同様に遊び尽くすことができたら記事にしようと思います。 いつになるか分かりませんが…

 

それではまた!